祝日

f:id:ayakoonline:20180515220436j:image

f:id:ayakoonline:20180515220454j:image

f:id:ayakoonline:20180515220545j:image

‪■緊張する日々のなかでする、他愛ない小さな会話がすごく嬉しいし楽しい。

 

■また1人で台湾にいった。感想また後で。

 

■優しい気持ちを大事にしてたい。いろんなことを何があってもちゃんと受け入れたい。

fishmans baby blue - YouTube

カネコアヤノ - 祝日 - YouTube

 

 

春爛漫

f:id:ayakoonline:20180423053613j:image

f:id:ayakoonline:20180423053633j:image

 

◼︎どうしてもモノレールに乗りたいという強い信念から、朝6時の始発まで24時間営業の食堂で時間を潰してるのだが、たった今、頼んだ覚えのない店員の電話番号が紙に書かれて運ばれてきました。「良かったら友達になってくださいBy金髪Okinawaボーイ」とのこと…さて私はどうしたらいいのでしょうか?

なんて聞いたところで答えてくれる人がそばにいるわけでもなく、ましてや最適な答えを授けてくれるような私のなかに眠る別人格がいるわけでもない。ひとしきり考えた後、このままここにいるのも申し訳ないな…と思い、いただいた電話番号の書かれた紙を丁寧にたたんで隅に置き、荷物を持って立ち去ろうとすると、卓上からカタンと音がする。

「僕からのサービスです」目の前にはグラスに注がれたアイスコーヒー。おいおい、いま私はとても喉が渇いているぞ。のむ?のんだらもう少しここにいることになるよ?席を立つほうがスマートじゃない?いやいや礼儀知らずじゃない?のまないのはないでしょ?

急に私の脳内でざわめき出す自問自答。

こっちを向いたストローをくっと唇に寄せてひとくち。もう少しだけここにいることを意思表示すると、金髪Okinawaボーイは生ビールのジョッキを持ち、私の向かいに座った。

真夜中の食堂で見知らぬ男の子と会話。なんだこのロマンチックな状況。この世界に2人しかいないみたいだね?なんてチープな永遠を語り合うには匹敵の丑三つ時。でも全然ときめかねぇ。なぜなら私は眠い。そして、それを妨げる金髪Okinawaボーイの前のめりな姿勢。

「あなたが食べたステーキ、僕が焼きました。おいしかったでしょ?」「いま彼女いません」「一人暮らしは寂しいでしょ?一緒にのみにいきませんか?」

夜中にステーキ食べるなんてデブの怠慢だ、と言わないでいてくれる器の大きさは大いに評価したいけど、手に取るようにわかる好意。本来、女性に生まれたならいわゆるこのナンパという状況に対し、喜ぶべきなのだろうけど、なんかもう全然嬉しくない。

昔からそうなのだが、人にものすごく好かれると不安になってしまう。なんで?どこがいいの?私よりもっといい人いるんじゃないの?ってそう思ってしまうからだ。友達にこういうこと言うと「絶対幸せになれないタイプだね」って言われる。うん、私もそう思いたくないけど、そんな気がしてる。

だから、目の前の積極的な彼にたじろぐ。いつかは、こんなにまっすぐな愛情を疑うことなく受け入れられる日が来るのでしょうか?そう思っているうちにモノレールの時間が迫って来る。

「お気持ちだけは受け取っとくんで!またいつかどこかで会いましょう!」そう言い残し、扉を開ける。まだ暦の上では春なのに、明らんだ空からは初夏の匂いが運ばれて来る。

街が明るくなるのにあわせて、どこか気持ちも明るくなる。モノレールはもうやって来る。私は足を少し早めて駅へ向かった。

 

1リットルの涙

f:id:ayakoonline:20180414140904j:image

 

f:id:ayakoonline:20180414140842j:image

 

f:id:ayakoonline:20180414144746j:image

 

■前職の仲間たちと飲みにいった。元同僚が職場を卒業するってことで集まったのに、主役がこない。30分待ち、しびれを切らした幹事が「ああもう飲むか、待ってられないし!」ってことで主役不在で送別会スタート。「いない人を思って飲むなんて、『故人を偲ぶ会』じゃん」「おい!写真立てもってこい!」ってイキのいい会話が飛び交う元同僚サイコーか。その後も数々の名言が飛び出し、ずっと大爆笑。

いま思い返すと、みんなつらい時期をいっしょに頑張って乗り越えてきたなぁ。日々の業務で効率よく回すにはどうしたらいいか考えたり、意見の合わない人とうまくやるにはどうしたらいいか〜とか、いつも壁にぶつかった時、たくさん知恵を授けてくれた最高の仲間たち。

最後、電車に乗るとき、「いつも『また明日ね』って言いあってたのに、来週からはあえなくなるのかな?それってめちゃくちゃ寂しくないですか?」って元同僚のSがつぶやき、一気にみんながしんみり。いやいや、いつだって会えるでしょ。もう友達みたいなものだしね。Nちゃんのこれからの新しい選択に幸多からんことを祈ってます!

 

■最近は「とにかく!どの場でも!お役に立つ!」ってことをモットーに仕事してるんだけど、考えてることと動きがピタッとハマらなくて、自分の不甲斐なさにウォォォォォォと発狂しつつ、打ちひしがれている。ただ、逆に捉えれば、まだ伸びしろがあるってことだから、これからまたがんばろ〜という感じです。

 

■責任感持って、きちんと決断できるひと、とても好きです。

まっしろな気持ちで会いに行くだけ

f:id:ayakoonline:20180407141030j:image

 

■ズドーンって心の底から落ち込むことがあった。しばらくしてから友達に電話で話したら「ばーか」って笑い飛ばしてもらってすごく元気になった。あ〜私ってほんとにばかかもね、って返事したら「でもとはいえ、失敗や後悔を無理して笑ったり、楽しい話にしなくていいからね」って最後に言葉をくれて、胸に飛び込んで泣きつきたくなっちゃった。あーあ、友達がいる生活、最高!いつもありがとうって気持ちでいっぱいです。

 

■駅のホームいっぱいになるぐらいの大声で「やだ!!!!!!!!!」って叫んでる子どもがひとり。やだって声がやたらかわいくて、泣きじゃくって何かに抵抗してたんだけど、かわいくてじっとみちゃった。やだよね、なにが嫌かわからないけどさ、やなことあったんだろうね。

 

■声をかけたい、話したいって思っても、言葉が見つかんなくて。ただ静かな部屋でじっくり話したいだけ、にぎやかな場所じゃ声が遠くて。

BOYS DON'T CRY

f:id:ayakoonline:20180325044000j:image

■たまたま立ち寄った西友THE CUREBOYS DON'T CRYがかかってて、いつもなら嬉しくてウキウキしながら買い物してるだろうけど、爆裂頭に来ててそれどころじゃなかった。久しぶりに怒りすぎて文字通り怒り心頭。許せん…と思いながら早歩きで帰宅してたら、だんだん冷静になってきた。

「いまは自分の価値観を押し付けてもいい時期なんじゃないか。そこから人付き合いも変わってくると思う」と最近言葉をもらい、確かにそうだなと実感。今は迷わずストレートにいかせてもらってます。